Twitter

Twitter(ツイッター)の下書き保存が消えた場合は復元できるのか調査【スマホ/PC】

Twitter(ツイッター)の下書き保存が消えてしまったという声が一部出ているようです。

そうした場合、消えた下書き保存が復元できるのか気になりますよね。

それを踏まえて今回は、

『Twitter(ツイッター)の下書き保存が消えた場合は復元できるのか?』

『Twitter(ツイッター)の下書きが消えてしまう原因や対処方法は?』

についてまとめていきました。

Twitter(ツイッター)の下書き保存が消えた場合は復元できる?

結論からいうとTwitter(ツイッター)の一度消えてしまった下書き保存を復元(復活)させることは難しいです。

下書き機能とはスマホ端末側にデータが蓄積しているので、サーバー側からデータを復元するといったことができません。

下書きが消えた場合は端末側に問題があると考えていいと思います。

なので1度削除されてしまった下書きを復元させることは現実的に難しいということです。

Twitter(ツイッター)の下書きが消えてしまうのはなぜ?

Twitter(ツイッター)では下書きが消えてしまうことがありますが、なぜなんでしょうか?

原因を調べると、パターンは2種類あって

  • Twitter(ツイッター)アプリをアンインストールした場合
  • Twitter(ツイッター)アプリをログアウトした場合

下書きが消えてしまうことが報告されています。

なので端末からアプリ自体をアンインストールしたり、ログアウトしなければ下書きがきえることはありません。

Twitterアプリをアップデートする際も注意

ただ例外でTwitter(ツイッター)の公式アプリを『最新版にアップデートしたら下書きまで消えた』という報告が過去にありました。

しかし、これはTwitterの一部を生じた不具合であり、全てのアップデートに当てはまるまけではありませんでした。

とはいえ、過去にアップデートで下書きが消えたという事実もあるのでTwitterアプリの自動アップデートをオフにすることをお勧めします。

自動アップデートで大事な下書きが消えてしまうことを防ぐことができます。

またアップデートする前に別のフォルダーに下書きを保存しておけば消えた時にも情報が残っていいと思います。

心配な場合はTwitter(ツイッター)アプリの自動アップデートをオフにする対処法も

心配な場合はツイッターアプリの自動アップデートをオフにして手動更新に切り替えましょう。

ツイッターアプリをの自動更新させない方法ですがアンドロイドの場合はPLAYストア内から自動更新を停止することができます。

1.PLAYストアのアイコンか三本線をクリックし設定を開きいます。

2.全般をクリックすると項目がでてきます。その中のアプリの自動更新をクリックし、自動更新しないに設定すれば終了です。

この設定で自動更新されず、手動更新することができます。

下書きの保存期間

下書きの保存期間があるのか気になり、調べてみたところ、Twitter(ツイッター)では下書きに保存期間は設けられていませんでした。

しかしサーバーの容量だったり、端末の不具合で今後勝手に下書きが消えてしまうということもあるかもしれません。

なので下書きを別の場所に保存する方法がお勧めです。

Twitter(ツイッター)以外のアプリに下書きを保管する

Twitter(ツイッター)の下書きが消えてしまう問題で、ツイッター以外のアプリに保存することがお勧めです。

メリットとしては

  • ツイッターの場合、不具合で下書きが消えてしまうことがあるので、メモアプリに下書きを保存していれば消えることがない。
  • 長文140文字以上も保存できる

などがあります。

また140文字以上になった場合に、そのままメモアプリをスクショして載せる方もいますよね。

そういった応用もできるので、下書きが消えるのが気になる方はメモアプリを活用してみるのをお勧めします。

まとめ

Twitter(ツイッター)の下書き保存が消えた場合、復元できるのか調査していきました。

結論としては下書き保存はサーバーではなく、端末側に保存されているので復元することが難しいということがわかりました。

ただ下書き保存が消えるを未然に防ぐために

  • 下書き保存をメモアプリに保存しておく
  • 自動アップデートで下書きが消えた報告もあるので、手動更新に切り替える

など対処方法を紹介していきました。

大事な下書きが消えてしまうと切ないのでぜひ活用してみてください。