Twitter

Twitter(ツイッター)の検索でユーザー名やアカウントを除外する方法は?【スマホ/PC】

Twitter(ツイッター)の検索で桜と検索するとユーザー名に桜を含むユーザーまで検索に含まれてしまいますよね。

またCMなどを調べた際はアカウントにCMが含まれるユーザーが引っかかたりと自分の調べたいもの以外も検索されてしまいます。

その際に役立つのが”コマンド”です、

今回はTwitter(ツイッター)の検索でコマンドを使ってユーザー名やアカウントを除外する方法を説明していきます。

Twitter(ツイッター)検索でユーザー名やアカウントを除外する方法

Twitter(ツイッター)の検索コマンドとは?

Twitter(ツイッター)のコマンドとは、ツイッターを検索する際に表示されるつぶやきを細かく詳細的に検索できるツールです。

たとえば特定の日付を指定したり、特定のユーザーに絞ったりすることが可能です

今回の記事では検索コマンドの中でも『除外検索』に特化して詳しく説明していきますので参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)検索でアカウントやユーザー名を除外する方法は?

Twitter(ツイッター)のアカウントとは『@cm00233』のように@以下の英単語を指します。

この場合だと検索で例えば『CM』と検索した場合に先ほどのアカウントの『@cm00233』のツイートも検索されてしまって、『CM』以外の検索ツイートも表示されます。

その際に使えるのがこちらのコマンドです。

検索したいワード-from:ユーザー名

例えば@cmを含むアカウントで多くつぶやきをしているbotなどのアカウントを除外して調べることができます。

使い方は-from:の後ろにbotなどのユーザー名を入れるだけでシンプルです。

 

またユーザー名を除外する方法はこちらです。

検索したいワード OR 存在しないユーザー名

例えば桜で検索した場合にユーザー名に桜が含まれるユーザー名も検索されてしまいます。

その際に『桜 OR @00』など@00は適当でかまわないので入力すると桜とユーザー名に含まれる人物を除外することができます。

どちらも便利な検索コマンドなので利用してみてください

Twitter(ツイッター)の除外検索のコマンドを辞書登録する方法

毎回、Twitter(ツイッター)のコマンドを入力するのは面倒ですよね。

そんな時に辞書登録しておくととても便利です!

1っ発でコマンドを表示できるので難しいコマンドを暗記したり、わざわざ検索してコピーする必要がなくなりますよ。

スマートフォン(Andoroid)で行う場合は?

Andoroidの辞書登録はとても簡単です。

使っている端末によって違うとは思いますが一般的な方法を紹介していきます。

1、まずキーボード画面をなんでもいいので表示させ、左下にある『文字』を長押しします。

2.『単語登録-日本語』が出てくるのでタップしましょう!

3.登録画面が表示されます。

  1. 『読み』に呼び出すときに入力する文字を入れます
  2. 「単語」の欄には、呼び出したい文字を

そしてOKを押せば登録完了です。

使っているキーボードで若干操作は変わってくるので、分からなければ『使っているキーボード名+辞書登録』で説明が出てくるので調べてみましょう。

まとめ

今回は『Twitter(ツイッター)の検索でユーザー名やアカウントを除外する方法は?』についてまとめていきました。

除外コマンドを使用すれば膨大な検索の中からより自分が欲しい情報を見つけやすくなるのでぜひ利用してみてください!