Twitter

Twitter(ツイッター)は見るだけで危険性があるので注意が必要?足跡を非公開にできる?

Twitter(ツイッター)のアカウントなしでツイートが見れたら楽ですよね。

ただ相手から身バレするリスクもあるのでは・・・・・と思っている方もいるのではないでしょうか?

今回は、気になるTwitter(ツイッター)は見るだけで危険性があるので注意が必要なのか?

また足跡を非公開にできるのか調べていきました。

Twitter(ツイッター)を見るだけで使う方法

Twitter(ツイッター)ではアカウントを登録しなくても使える方法があります。

今回はTwitter(ツイッター)を見るだけで使う方法についてご紹介していきます。

まず見るだけで使う方法は2つあります。

  1. Yahoo!リアルタイム検索を使う
  2. Twitter(ツイッター)の高度な検索を使う

こちらを

利用すればログインせずともアカウント登録せずともツイートをみることができます。

方法① Yahoo!リアルタイム検索を使う

まず1つめのYahoo!リアルタイム検索からご紹介していきます。

特定のトピックならこちらの方法でTwitter(ツイッター)をみることができます。

またYahoo!リアルタイム検索では今現在の急上昇のトレンドもチェックすることができます。

1.Yahoo!のトップページにあるリアルタイムをクリックします。

するとこのように現在Twitter(ツイッター)でつぶやきの多いワードが1~20まで出てきます。

2.気になるワードを上の検索欄に入れればリアルタイムのTwitter(ツイッター)検索ができます。

今回は『バレた』で調べてみると・・・・・

リアルタイムの『バレた』というワードを含むツイートを検索することができます。

これを利用すればログインせずともTwitter(ツイッター)を利用することができますね

方法② Twitterの高度な検索を使う

また2つ目はブラウザでTwitter(ツイッター)を調べる方法です。

こちらはTwitterの高度な検索方法を応用した技になっています。

1.ブラウザで『Twitter 検索』と入力し調べます。

すると検索に『Twitterの高度な検索』が表示されます↓

こちらにアクセスし、『次のキーワードをすべて含む』に調べたいワードをいれることで検索することができます。

ただこちらはTwitterのアカウントを持っている場合は勝手に会員ページに切り替わるので、アカウントを持っている場合は利用できません。

Twitter(ツイッター)は見るだけで相手にバレる危険性はある?

Twitter(ツイッター)は見るだけで相手にバレる危険性はあるのでしょうか?

バレたくない相手なら慎重になりますよね。。

結論から言えば、アカウントを所持していない、アカウントにログインしていない『見るだけ』利用の場合は相手にバレる危険性はありません。

ただアカウントを所持している場合は利用方法を間違えれば相手にバレる危険性があるので注意が必要です。

鍵垢は見るだけでアクセスできるのか?

Twitter(ツイッター)には鍵アカウント設定があります。

鍵アカウント設定にするとユーザーが許可していない場合、ツイートをみることができません。

なので『みるだけ』利用の場合だと鍵アカウントのツイートはみることができません。

見たい場合はアカウントを作成し、鍵アカウントに許可申請する必要があります。

Twitter(ツイッター)で足跡を非公開にできる?

他のSNSでは足跡機能があり、相手のアカウントに訪問した際に相手に足跡が付くのが嫌という方は多いですよね。

Twitter(ツイッター)では足跡機能があるのか?

またある場合、足跡を非公開にすることはできるのでしょうか?

Twitter(ツイッター)には足跡機能はない

結論から言えばTwitter(ツイッター)には足跡機能は存在しません。

なので気になる投稿者のアカウントを見たところで相手にバレることはほぼありませんので大丈夫です。

また気になるアカウントのページばかり訪問していると『おすすめユーザー』に選ばれそうという意見がありました。

これに関してはTwitter(ツイッター)の閲覧と『おすすめユーザー』の表示の関連性はありませんので安心して気になるユーザーのページを見てください。

Twitter(ツイッター)を見たことがバレてしまうアクション4つ

Twitter(ツイッター)で相手のアカウントから身バレを防ぎたいですよね。

ただ今から紹介する何気ない『うっかり』アクションをしてしまうと相手に自分のアカウントがバレてしまう可能性が高くなります。

気をつけたい4つのアクションをまとめていきました。

 アカウントをフォローする

身バレしたくないユーザーのアカウントをフォローしてしまうと、相手にフォローした通知が届いてしまいます。

このように『○○』さんにフォローされましたという通知が相手に届き、そこからあなたのアカウント情報を見られる可能性があります。

なので身バレしたくない場合はフォローせず閲覧していきましょう!

ツイートに「いいね」する

相手のツイートに対して♡マークの『いいね』というボタンを押してしまうと相手に通知がいってしまいます。

なので『いいツイート』であっても身バレしたくない相手には『いいね』を押さないように気を付けましょう!

またうっかりスクロールしている時に指が当たって『いいね』を押してしまうというミスもあるので気を付けましょうね。

2-3. ツイートにコメントする

また絶対にしないと思いますが『ツイート』に対してコメントをすると相手に通知やコメントも届いてしまいます。

ツイートのコメントについては鍵アカウントではない場合は、他のアカウントからもみることができるので要注意です。

身バレしたくない相手へのコメントは避けましょう!

2-4. ツイートをリツイートする

また相手のツイートに対してリツイートボタンを押してしまうと相手にこのように通知がいきます。

そこからバレてしまうので『リツイート』ボタンも押さないように気を付けましょう。

またリツイートに関しては自分のタイムラインに相手のツイートが表示されてしまうので、芋づる方式で身バレする可能があるので要注意です。

まとめ

今回は『Twitter(ツイッター)は見るだけで危険性があるので注意が必要?足跡を非公開にできる?』についてまとめていきました。

  • Twitter(ツイッター)の見るだけ利用方法2つご紹介
  • Twitter(ツイッター)は見るだけで相手にバレる危険性がある?
  • 見るだけ利用で鍵アカウントのツイートは閲覧できるのか?
  • Twitter(ツイッター)で相手にバレる4つのアクションは?

Twitter(ツイッター)で身バレせずに利用できる方法や注意点をまとめていきましたので参考にしてみてください。